• 株式会社 大仙

軽量シャッター電動化

11月も半ばを過ぎ、本格的に寒くなってきましたね。

9月を過ぎても10月を過ぎても昼間はぽかぽか陽気だったので、一体いつになったら冬がくるんだ… と思っていましたが、ようやく冬らしくなりました。

あまり活躍することのなかった秋服と軽めのアウターがクローゼットの中でむせび泣いています。


さて、今回は軽量手動シャッターを電動化するまでのビフォーアフターをお届けいたします。


お店の商品や倉庫の中身、自家用車を守るためのシャッターですが、

通勤時やお店を開店する際に毎回手動で開閉するのは大変です。

後から電動化させることで、ボタン一つで簡単にシャッターを開閉することができます。

また、「ガラガラ」という大きな音もしなくなるため、近所への騒音対策も可能。



シャフトに穴を開けて、ブラケットを取り付けている最中…かな?

いつも写真撮影を担当してくれている社員へ詳細を聞くのですが、私がブログ更新をサボっていたせいで忘れてしまいました…(言い訳をせず正直に白状します)


配線をシャッターの外へ通し…


カバーを装着し、スイッチ基盤に配線を接続したら施工完了です。

※ 作業工程は写真枚数の関係で省略しております。


「手動シャッターを電動シャッター化したい」とのご相談を受けることがありますが、

古くて重いシャッターを再利用する場合、安全装置が適応調整できなかったり、電動化しても長く使えなかったりといった問題が起こる場合があります。


シャッターの電動化につきまして、ご不明点、ご不安な点等ありましたら、お気軽に大仙までお問い合わせください。

74回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示